紫外線

サイトマップ

紫外線が肌に与える影響とは?

 肌を降り注ぐ紫外線A波と紫外線B波は、人間の肌にどういった影響を与えているものなのでしょう。

 UVAは主に、肌を黒くしたり、しわやたるみなどを促進したりします。UVAは、浴びるとすぐに肌を黒くします。紫外線は、曇天でも、ガラス窓越しでも皮膚にまで届きますので、お肌を紫外線からガードする時には要注意です。

 曇りの日でも室内にいてもUVAによる肌への影響はなくならないといえます。紫外線B波にさらされた肌は、赤く腫れたり、色素沈着が起きたりします。紫外線B波は、皮膚の表面に留まって肌に作用する性質があります。紫外線A波ほど肌の奥までは届きませんが、皮膚の表面が赤く焼けたようになる場合があります。

 しみやそばかすの原因になる、メラニン色素がUVBによって増加することがあります。明らかに目に焼けた日焼け症状がなくても肌は紫外線の影響を受けています。ある時気づけば紫外線による肌の老化が進行していたということになります。

 紫外線を浴びないためには、防御する必要があります。紫外線を通さないサングラスや衣類、日焼け止め効果があるスキンケアクリームやファンデーションなどが役立ちます。肌に紫外線の浴びる量を減らすためにも、UVカット加工がされている服などを使っていきましょう。

紫外線が肌によくない理由

 美肌のためには紫外線予防が重視されますが、紫外線は肌にどんな作用があるのでしょう。紫外線が肌に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

 紫外線とは、太陽の光の中に混ざっている特定の波長の光です。私達は日頃から紫外線を全身に受けていることになります。太陽の光には、目で見ることができる可視光線、目で見ることができない赤外線と紫外線があります。

 可視光線以外の光は両方とも視認することはできませんが、波長の長短で紫外線と赤外線に別れます。より細分化すると、紫外線はA波、B波、C波と波長の長さによって3種類に分けて扱われます。紫外線C波は、UVCともいいます。

 オゾン層で吸収されるため、大気圏を越える可能性を考える必要はありません。近年フロンガスによるオゾン層の破壊が問題視されているため、地上には全くないものと考えない方がよいかもしれません。

 皮膚に赤外線が照射されても、肌を損ねたりはしません。赤外線により肌が温まることによって紫外線の作用が促進されます。赤外線の作用で、紫外線が肌にダメージを与えることもあるようです。

 日焼け止めクリームや紫外線を防ぐ道具を使って、肌に紫外線を受ける機会を減らすようにしましょう。

紫外線が肌によくない季節

 太陽から降り注ぐ紫外線が気になるのは、お肌の日焼けを意識する夏が多いようです。UVカット商品が一番市場に出回るのも夏というイメージがあります。

 紫外線が強烈になる季節は夏ですが、夏に限らず紫外線は肌に降り注いでいます。夏ほどの量ではなくても、年間いつでも紫外線はあるのです。

 ピークは6〜8月ですが、紫外線が増え始めるのは3月頃からです。紫外線B波は冬でも最盛期の30%、紫外線A波は50%も地面にまで来ているといいますから、油断していると紫外線の影響を受けてしまいます。

 肌の健康を守るためなら、春秋冬でも気を抜かずに、紫外線に対する備えをしておくべきです。時期以外にも、紫外線の量が多くなったり少なくなったりする要因は存在します。

 朝、昼、晩など時間帯でも異なりますし、北だったり南だったりという地域の違います。太陽光の照り返しや、高さなどの要素によっても、紫外線の量は異なります。旅先などでうっかり日焼けということが起こりやすいのは、異なる土地でいつもと異なる時間帯に屋外で活動したりすることが原因かもしれません。

 紫外線量は均一ではなく、時間や場所などのちょっとした条件で変わります。紫外線を肌に浴びる機会をできるだけ減らすために、季節や場所に合わせた紫外線対策を常に行うように心がけることが大事です。

「紫外線は肌にどんな影響を与える」について

紫外線は肌にどんな影響を与えるのかを知っておくと紫外線対策がしやすくなります。紫外線が肌によくなり理由や季節についてわかりやすく説明。間違った紫外線対策はNGなので、当サイトを参考にしてみて下さいね。

Copyright © 紫外線は肌にどんな影響を与える. All rights reserved